[本文へ]


トップページ > 新着投稿 > [事務局] 熊本地震被災地へのふるさと納税は、少々待たれてから、でどうでしょうか。

投稿記事 —自治体の投稿を見て「ふるさと納税」しよう—

[事務局] 熊本地震被災地へのふるさと納税は、少々待たれてから、でどうでしょうか。

(事務局からの提案になります。)
このたびの熊本地震において亡くなられた方にはご冥福をお祈り申し上げます。また、雨と寒さの中、避難されている方にはお見舞い申し上げます。

何か支援ができないか、と言うことで、支援物資を送られることについては、送られる側の自治体職員のかたのご負担を考えると、悩ましいところもあるかと思います。

一方、寄付に関しましては、いくらされてもありがたいと思われます。とはいえ、タイミングと方法について、「ふるさと納税」に関しては「急ぐ必要はないので、人命救助と復旧が落ち着いてから」されたはいかがでしょうか、とのご提案です。
現地では当然、受け入れ手続に加え、お礼(首長の手紙。ましてや返礼品など。。。)の発送や寄附証明の発行は大きな負担になります。代行業者にお願いしている自治体ではそのようなことはないのですが、その分、寄付金額の一部がそのような事業者の手数料にも回ることになりますので、全額を思いを込めて被災地に届けたい方は、方法も考えられてはいかがでしょうか、ともご提案させていただきます。

この記事へのコメント

よろしくお願いします。
茨城県の境町が、熊本県の代わりに「ふるさと納税」を受け付けているようですが、そのような形に疑問を感じます。町民は怒らないんでしょうか??
精度としては、問題ないんでしょうか??

投稿者: 質問|2016年04月20日 19:36

お返事が遅れ、申し訳ありません。
境町は、昨年の水害で被災された自治体であり、その際のお気持ちを経験されていることから、このような発信をされていると思います。
そのため、町民のかたからも、職員がそのために住民サービスを提供する時間が減ったとしても理解いただける、と判断されているのでは、と思います。
制度としても問題なく、実際に東日本大震災の時も、福井県が代理で受け入れていらっしゃいました。
ちょうど本日、高市総務大臣が、次のように会見で話されていましたので、そのまま掲載させていただきます。
「  なお、複数の自治体におかれまして、自らの自治体宛ての「ふるさと納税」を、被災自治体に対して集めたお金として回して いただき、しかも、他の自治体が受領証明書を発行し、被災地の事務負担を減らすなど、自治体間、全国で連携をしてお取組を いただいていること、感謝申し上げます。  」

よろしくお願いいたします。

投稿者: ふたくす事務局|2016年04月22日 19:52

お答えいただきありがとうございました。
テレビも新聞もいろいろな自治体もボランティア団体も芸能人も政治家も、様々な人が義援金や寄付を集めていますが、結局は同じところに行くのに、それぞれで集めていて、「私が集めました」と寄付金を渡す写真をとってアピールしたいのかと思うようになってきました。

投稿者: 質問|2016年04月25日 21:17

この記事へコメントを投稿する

※新たにコメントが投稿されたときに、メールでお知らせします。(公開はされません) ※携帯アドレスを登録される場合、ドメイン指定をされている方は f-tax.jp からのメールを受信できるように設定してください。

※セキュリティの問題で、ご利用の環境によってはコメントを投稿できない場合があります。

※写真の投稿者が掲載期間を設定している場合、その掲載期間が過ぎると投稿されたコメントも一緒に削除されます。



納税者のみなさま向け

  • 「ふるさと納税制度」とは?
  • 「ふるさと納税」はどうやってするの?
  • 「ふるさと納税」はいくらまでできるの?
  • 自分のブログ記事を掲載したい

便利リンク集

タックスアンサー
国税庁の正式な情報が得られ、相談もできます
総務省「ふるさと納税研究会」報告書
「ふるさと納税」制度の趣旨や概要を学べます
鳥取県の例:「ふるさと納税試算プログラム」
源泉徴収票から、効果的な寄付上限を試算できます。
総務省:税額控除の試算(PDF)
世帯類型・年収別に税額控除金額の概算がわかります
福井県「ふるさと納税情報センター」
都道府県レベルのふるさと納税の取組状況が一覧できます
生活ガイド.com
様々なデータから都市を比較できる地域・生活情報サイト
「ふるさと納税」アンケート
「ふるさと納税」に関する14,000人の意識調査

自治体のみなさま向け

ご協力団体

△このページの先頭へ