[本文へ]


トップページ > 新着投稿 > 大分県中津市 中津の伝統工芸“和傘”について

投稿記事 —自治体の投稿を見て「ふるさと納税」しよう—

大分県中津市 中津の伝統工芸“和傘”について

日本の伝統文化の一つである和傘は、かつては庶民の暮らしになくてはならないものとして全国各地で数多く生産されていました。
しかし、現在では和傘製造店が数軒残るのみとなり、細々と貴重な伝統と文化をを守り続けています。
中津でも、最盛期であった昭和の初めには、約70軒あった和傘屋は洋傘の普及とともに衰退し、江戸時代から続いていた九州で唯一の和傘屋も平成15年に高齢化等で製造を止めてしまいました。その後、城下町中津のシンボルとしての和傘工芸の伝統を復活しようと有志8人で朱夏の会を結成し、典型的な下級武士の家として残っている福沢旧邸の隣に、明治中期建築の家屋を改造して作業場として和傘製造を始めました。

竹細工の極みである和傘は、一本一本が丁寧に仕上げられまさに職人ならではの技です。
中津の伝統工芸である和傘を応援するため、中津市ではふるさと納税の返礼品として、竹と和紙を融合した優美な和傘をアレンジした”和傘あんどん”をご用意いたしました。
玄関やリビング、また寝室で、温かな灯りの中で癒しに包まれたときをお過ごしください。照明器具付きです。

B11.伝統の和傘あんどん(中)(寄附額20,000円以上)
・和傘あんどん(中):43cmx20cm
*絵柄はお任せいただきます

C7.伝統の和傘あんどん(大)(寄附額30,000円以上)
・和傘あんどん(大):60cm×30cm
*絵柄はお任せいただきます

その他、様々な返礼品のセットをご用意しています。

【ふるさとなかつ応援寄附金URL】
http://www.city-nakatsu.jp/doc/2016041200109/

この記事へのコメント

この記事へコメントを投稿する

※新たにコメントが投稿されたときに、メールでお知らせします。(公開はされません) ※携帯アドレスを登録される場合、ドメイン指定をされている方は f-tax.jp からのメールを受信できるように設定してください。

※セキュリティの問題で、ご利用の環境によってはコメントを投稿できない場合があります。

※写真の投稿者が掲載期間を設定している場合、その掲載期間が過ぎると投稿されたコメントも一緒に削除されます。



納税者のみなさま向け

  • 「ふるさと納税制度」とは?
  • 「ふるさと納税」はどうやってするの?
  • 「ふるさと納税」はいくらまでできるの?
  • 自分のブログ記事を掲載したい

便利リンク集

タックスアンサー
国税庁の正式な情報が得られ、相談もできます
総務省「ふるさと納税研究会」報告書
「ふるさと納税」制度の趣旨や概要を学べます
鳥取県の例:「ふるさと納税試算プログラム」
源泉徴収票から、効果的な寄付上限を試算できます。
総務省:税額控除の試算(PDF)
世帯類型・年収別に税額控除金額の概算がわかります
福井県「ふるさと納税情報センター」
都道府県レベルのふるさと納税の取組状況が一覧できます
生活ガイド.com
様々なデータから都市を比較できる地域・生活情報サイト
「ふるさと納税」アンケート
「ふるさと納税」に関する14,000人の意識調査

自治体のみなさま向け

ご協力団体

△このページの先頭へ