[本文へ]


トップページ > 「ふるさと納税」はどうやってするの?

「ふるさと納税」の方法

「ふるさと納税」の手続方法について説明いたします。
 なお、「ふるさと納税」は平成21年度納付分(つまり平成20年1月~12月の所得)からスタートしており、毎年度(1月~12月)単位の寄付が対象となります。

   以下の説明は、平成23年6月の地方税法改正による更新済です。(個人住民税の負担額も2,000円に引き下げられました。)

大きな流れ

「ふるさと納税」の流れ

  1. Step1 納税・寄付したい自治体を選ぼう

    広報や新聞、自治体のホームページ、さらにはこのふるさと納税応援サイト「ふたくす」などから、寄付を求める自治体や事業の情報を集め、寄付したい自治体や事業を選びます。

    また、自治体が募集していなくても、自ら自主的に寄付することも、当然、可能です。

  2. Step2 寄付しよう

    直接窓口に行くことにより、単にお金を渡すのみならず、自分の思い・志を自治体職員に伝えることもできます。

    他にも、銀行振り込み等も考えられますが、そのような方法が可能かどうかについては、直接、寄付希望先の自治体に確認する必要があります。

    住民税等の税額控除を受けるためには寄付したことを示す証明書が必要となりますので、証明書をもらい、保管しておきます。

  3. Step3 税額の控除を受けよう

    ここから先は、税の種類等によって、寄付金の控除を受けるための方法が異なってきます。

    ■税の種類等の区分

    所得税分(以下、※)
    {寄付金額(ただし、その年の総所得金額等の40%相当額まで)-2,000円}×限界税率
    住民税分(以下、1
    (寄付金額-2,000円)×10%
    住民税分(以下、2
    (寄付金額-2,000円)×(90%-限界税率)
    (ただし、個人住民税所得割の10%まで)
    • 所得税(※)については、源泉徴収されるサラリーマンの方などは、一旦支払った所得税の還付を受けるために、確定申告が必要となります。自営業の方等は、確定申告により、税額控除した分の納税を行います。
    • 住民税(1及び2)については、確定申告を行う方は手続き不要です。確定申告を行わない方は、寄附をした旨の証明書をお住まいの自治体に届けて住民税の申告を行うことにより、本来支払うべき住民税が税額控除されて通知されるので、その額を翌年6月から翌々年5月まで納付することになります。

    確定申告は、直接、税務署に足を運ばずとも、国税庁のホームページでe-taxや「確定申告書等作成コーナー」を利用することで、インターネットや郵送により申告できます。
    ⇒ 詳しくはコチラ

いくらまでできるの?

寄付自体はいくらでもでき、上限・下限はありません。
ただ、自身の住民税の額に応じて負担率を最小に抑えられる額がありますので、ここでは、その概要を整理します。

Point1 原則、自己負担は2,000円
「ふるさと納税制度」を使うと、少なくとも2,000円は戻って来ず、自己負担となります。自治体職員に手間が生じるため、手間賃・手数料とお考えいただければわかりやすいかと思います。
Point2 住民税の1割程度の寄付であれば控除(返戻)率が高い
住民税の1割程度までは、確定申告をあわせて行うことで、2,000円を差し引いた金額が控除されます。(税額控除)
Point3 住民税の1割超についても一部控除を受けられる
住民税(所得割)の1割程度を超えた分については、住民税としては寄付金控除として総所得金額等の30%まで、所得税としては40%まで、控除を受けられます。

以上をわかりやすくグラフにしてみました。

  • ■寄付金額と控除金額の関係
    寄付金額と控除金額の関係グラフ
  • ■寄付金額と控除率の関係
    寄付金額と控除率の関係グラフ

ご覧頂いてわかりますように、住民税の約1割を寄付した場合に、最も控除(返戻)率が高くなります。
極力、負担率を少なくし、最大限「ふるさと納税」の効果を得るためには、いずれにしましても、年間の総所得を予想した上で住民税の見込みを立てておくことが重要です。

■簡便計算式

※米子市役所大江様より以下の情報をいただきました。ありがとうございます。

? 計算方法 ?

  • ベースとなるのは、「住民税所得割」です。
    ※「住民税納付額」ではありません。(∵均等割を含むため)
  • 源泉徴収票から算出する「課税給与所得額」に応じて、以下の計算をしますと、ふるさと納税を行う上での最も無駄が少ない金額の目安がわかります。
課税給与所得額 寄附金控除が満額となる目安額
~ 195万円 住民税所得割の11.76%+2,000円
195万円~ 330万円   〃    12.50%+2,000円
330万円~ 695万円   〃    14.28%+2,000円
695万円~ 900万円   〃    14.92%+2,000円
900万円~1800万円   〃    17.54%+2,000円
1800万円~   〃    20.00%+2,000円

★ここで注意したいのは、よく報道されている「住民税の1割」が目安ではなく、さらに数%上乗せした方が効率がよい、という点です。

給料の大幅な変化や各種控除の変更にもご注意の上、参考としていただければと思います。
●「ふるさと納税試算プログラム」(鳥取県の例)

⇒投稿記事「今年度納付分住民税を参考にふるさと納税枠を計算」



納税者のみなさま向け

  • 「ふるさと納税制度」とは?
  • 「ふるさと納税」はどうやってするの?
  • 「ふるさと納税」はいくらまでできるの?
  • 自分のブログ記事を掲載したい

便利リンク集

タックスアンサー
国税庁の正式な情報が得られ、相談もできます
総務省「ふるさと納税研究会」報告書
「ふるさと納税」制度の趣旨や概要を学べます
鳥取県の例:「ふるさと納税試算プログラム」
源泉徴収票から、効果的な寄付上限を試算できます。
総務省:税額控除の試算(PDF)
世帯類型・年収別に税額控除金額の概算がわかります
福井県「ふるさと納税情報センター」
都道府県レベルのふるさと納税の取組状況が一覧できます
生活ガイド.com
様々なデータから都市を比較できる地域・生活情報サイト
「ふるさと納税」アンケート
「ふるさと納税」に関する14,000人の意識調査

自治体のみなさま向け

ご協力団体

△このページの先頭へ