[本文へ]


トップページ > 納税者の声

納税者の声

  • 宮崎県からふるさと納税の領収書が届きました。

    先日、宮崎県にふるさと納税をしたのですが、 その領収書が今日届きました。 この領収書をもとに 来年確定申告することになります。 確定申告をすると、 一部の金額が還付されます。 原則として、寄附をした金額から5,000円を引いた金額です。

  • 渡辺謙さんもふるさと納税

    渡辺謙さんが「ふるさと納税」による 寄附の申し込みを 岩手県奥州市に行いました。 申込は6/30でしたが,昨日判明したそうです。 岩手県奥州市は, 先日の岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けています。 渡辺謙さんが提出した

  • ふるさと納税

    名前だけは以前から聞いていた、ふるさと納税。 実際もう利用できるらしい。 知らなかったぞ。 ふるさと納税応援サイト ふるさと納税の方法 ただ、5000円の自己負担(控除対象外)がかかる。 うーん、応援したいのはヤマヤマだが、5000円は結構でかい。 納税者か

  • 花郷里 農村見学ツアー

    有馬温泉の御所坊関係の飲食施設で提供させて頂いている「お米」は、兵庫県の北部湯村

  • 香美町ふるさと納税で宿泊割引

    突然ですが香美町町民・・・つまり香美町にふるさと納税されている方に割引をしたいと

  • ふるさと納税って

    いろいろ報道されていますが、実際どうなんでしょうか。 格差是正だとか、「なんで寄付なんだ?」とか、いろいろ言われていますが、 というか、もっといい使い方やプロモーションの方法があるはずではないでしょうか。 どこの自治体も、まだまだ工夫が足りないか、 担当者は熱心に動きたくても、庁内合意形成ができないなどの理由で 斬新な取組みができない、そういった状況かと思います。 そんな中、鹿児島県では妙な動き?! 何でも、県が関与して、中間マージンをとるのだとか何とか。 モノは言い様ですが、これでは市町村の競争を抑えてしまうのでは? 県は、市町村が切磋琢磨できるよう、助ける主体だ...

  • ◆ふるさと納税/納税者自ら使途を指定して寄付すれば、住民参加の典型になる

     山県市議会は昨日6月10日開会、一般質問の通告期限は昨日11日正午だった。  私は、ふるさと納税について3月に速やかに取り組むよう一般質問した。  ちゃんとやりますから6月にもう一回質問して、といっていた答弁者。        ふるさと納税の制度開設と3月の一般質問・通告  しかし、どうも県との調整(?)などのため、まだ様子を見ている雰囲気。  そこで、別な観点で質問することにした。  ふるさと納税は、「自分の住んでいない自治体への寄付」が宣伝されているところ、それはそれでいいとして、自分の自治体への寄付にも活用できること。  その際に、「指定寄付」として使途を指定することで、今まで納税しっぱなしで使い道に納得できなかった住民税について、新たな負担増なく、自治体に「この仕事に使うべし」と『刻印付の納税』ができるのではないか、と言うこと。  今まででも、住民税の1%を自分の望む団体の活動資金や望む事業に寄付できる自治体はあった。  それが、自分の住民税の10%もしくは10数%まで使途指定できる、という側面を持っていると思える。  住民税は所得税にスライドするから、いわば所得の多い人の意向にかかるのは当然。  とはいえ、たくさん納税している人にも、税の使い道への不満、疑問があるのも 事実。  税を返すことはできないので、せいぜい、使途指定して納得してもらうのも方法ではないか。  その人たちの納税の「使途指定」は、市民参加の一形態としても面白いと私は思う。  ちなみに、「どれくらいの額?」と言うイメージがないと話にならないから、ここ山県市の数字を紹介する。 (正直言って、ここは、税収が少ないけど)  ふるさと納税は、「個人住民税の所得割額」が対象なので、その部分で検討する。  人口3万人、課税対象人口2万5500人、実際の課税人口1万3000人。  山県市の年間の所得割分の合計額市民税は約12億9000万円。    だから、課税している額は一人あたり約9万9300円。  つまり、実際に平均約10万円を払っていることになる。  実際の課税している1万3000人の内訳を数字を丸めてみる。  納税  1万円以下は、 600人で合計額   700万円  納税 10万円以下は、4700人で合計額1億6900万円  納税 20万円以下は、4200人で合計額3億72



納税者のみなさま向け

  • 「ふるさと納税制度」とは?
  • 「ふるさと納税」はどうやってするの?
  • 「ふるさと納税」はいくらまでできるの?
  • 自分のブログ記事を掲載したい

便利リンク集

タックスアンサー
国税庁の正式な情報が得られ、相談もできます
総務省「ふるさと納税研究会」報告書
「ふるさと納税」制度の趣旨や概要を学べます
鳥取県の例:「ふるさと納税試算プログラム」
源泉徴収票から、効果的な寄付上限を試算できます。
総務省:税額控除の試算(PDF)
世帯類型・年収別に税額控除金額の概算がわかります
福井県「ふるさと納税情報センター」
都道府県レベルのふるさと納税の取組状況が一覧できます
生活ガイド.com
様々なデータから都市を比較できる地域・生活情報サイト
「ふるさと納税」アンケート
「ふるさと納税」に関する14,000人の意識調査

自治体のみなさま向け

ご協力団体

△このページの先頭へ